元編集者、広告営業マン。現在、志木電子書籍(データ校正、検品、制作)運営者のブログ

MENU

「志木電子書籍」誕生のことば

「志木電子書籍」誕生のことば

水平社宣言の結語は「人間(じんかん)に光あれ」と読むという。
「じんかん」とは「人と人の間」、転じて「すべてのもの」。したがってこの結語には「すべてのものに平等に光が当たるように」という願いが込められている。
しかし、残念ながら水平社宣言から90年近くたった今も、この願いは実現していない。
それどころか、大きな者、強い者が、小さな者、弱い者を支配していく構造は、第二次世界大戦を経て、より巧妙に強化された。
しかし、21世紀に入るとともに、この体制に綻びが見え始めている。その最大の原動力はインターネットの普及にある。
一人ひとりが自由に情報を発信する手段を持ち得たことで、マスメディアによる情報独占(それは同時に情報コントロールを意味していた)は崩壊し、さらにマスメディアよりも速く、かつ正確な情報を誰もが入手することが可能になりつつある。
2011年3月11日に起きた東日本大震災、それに続く東京電力福島第一原子力発電所の破局事故は、日本社会のありようを根底から変えてしまう不幸な出来事だった。
そんな中で唯一の光明は、多くの人びとがネットを通じて情報交換し、また連携し始めたことである。しかも、それは行政やメディアの思惑とはまったく異なるレベルで有効に機能し始めている。
志木電子書籍はネットを拠点に活動し、これまでマスメディアの“発表情報”の裏に隠されていた真実に光を当てていく。
かつ、それをいつでも、どこでも、どんな立場の人にも提供していくことで、小さいながらも「人間に光あれ」を目指す一員でありたい。

2011年7月8日
株式会社志木電子書籍

PAGETOP
Copyright © 志木電子書籍 Plus+ 誰も通らない裏道 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.