明日の試合はこのページに追記の予定。

・川崎 4-4 湘南
事前の予想として殴り合いになる可能性は高いなとは思ったけど、前半だけで3-3とは。
ま、湘南の1点目は川崎にはちょっと気の毒な気もしたけど、38分湘南菊池の勝ち越しゴールから立て続けに4ゴール。とくにパウリーニョのボレーは素晴らしく、この時点でノミネートゴールどころかベストゴールかなと思ったが、小林悠の同点ゴールも美しかった(ちなみに昨日、TBSの小林悠アナのことをググったら川崎の小林悠も混じっとったw)。
77分の湘南の勝ち越しゴールの時にはチョウ・キジェ監督がすげー喜んでいたが千葉から移籍した森本のゴールで痛み分け。湘南としては広島、浦和と難しい相手が続くだけにこの試合は勝ちたかっただろうね。
一方の川崎もやっぱりこれだけ失点してると優勝はなかなか難しいんじゃね? あと等々力はスタンドも素晴らしいし観客もよく入って雰囲気はすごくいいけど、それだけにあのトラックが邪魔だねえ。あれがなければ一つ二つ順位を上げられるような気すらするね。
ところで河童先生が昨年、等々力での川崎の試合でもっとも印象に残っているのはドルトムント戦だな。あれは本当にインテンシティの差をまざまざと感じた一戦だった。

・鹿島 1-0 鳥栖
河童先生は等々力の試合とパソコンで画面を並べて見ていたのだが、鹿島とのスタジアムの差を感じた。まあ試合内容としては鹿島がフリーキックで取った1点を守った試合で、まあ鹿島らしい試合だがサポ以外は「あーそーですか」という感じだな。
ただちょっと面白かったのは鹿島ゴール近辺での鳥栖のフリーキックだな。豊田のまわりを植田がウロチョロしてると、組関係の幹部と三下のチンピラという感じだわw マッチデーハイライトで秋田豊が植田をほめてたけどな。

・大宮 2-0 柏
河童先生はNACK5スタジアムには行ったことがないのだが、今シーズンこそ行ってみたいね。中堅クラブのスタジアムとしてはベストの部類に入るし、今日はスタンドもよく入ってたな(黄色い方もたくさんいたしな)。
ま、大宮のファンではないのだが、しかし相手がチバラギのチームだとサイタマとしては負けるわけにはいかんのよね。
で、今日はムルジャの2ゴールだったわけだが、やっぱり凄いね。大宮というと、とかく家長がクローズアップされるけどムルジャの決定力、一人でボールを運んでそのまま決めちゃう力というのはJ1でも屈指だな。一昨年のリーグ戦の最後の方で大宮がJ2降格圏に入った時、玉乃淳が「大宮にはズラムル(ズラタンとムルジャ)がいるから大丈夫じゃないか?」みたいなことを言ってたんだが、結局、降格。ズラタンがレッズへ来たわけだが、正直、ムルジャも欲しい(^_^;)。
一方の柏は中村航輔クンが試練の秋(とき)だねえ。プレシーズンから失点が多いけど、今日だって好セーブで追加点を防いだシーンもあったわけで、めげることなく頑張って飛躍して欲しいネ。航輔クンの場合、植田のようにチンピラ風情ではなく若武者って感じがいい!w

・福岡 1-1 横浜FM
井原監督にとって本拠地で迎えるJ1の初戦がかつての古巣。勝ちたかっただろうね。でもって6分にウェリントンが先制。そのまま前半を終了し、後半もうまく守っていたように思う。そしてJ2時代の昨年はこの展開は完全に福岡の勝ちパターン。つまり焦点は福岡がこのまま1-0で勝ちきれるかだったが、中村俊輔のフリーキック一発で追いつかれてしまった。
ま、芸術的だったけどね。実は河童先生はそこまでの中村俊輔はイマイチだなと思っていた。今ひとつパスが受け手にピタッと合わない感じ。ま、それはもらう方の問題もあったんだろうけど、だったらということで自分で決めちまったわけだ。
福岡からしてみれば、やっぱり簡単には勝たせてくれないということだな。
そして横浜は後半開始から仲川輝人を投入したけど、なかなか良かったと思うよ。解説者も「仲川が入って活性化した」と言っていたもんな。だけど、仲川の動き方を周りの選手が理解すればもっと良くなるよ。仲川は相手陣の深いところのスペースでボールを受けて(とくに右サイド)、そこからペナルティエリアへ切れ込む動きが得意で、大学時代はこれでバンバンシュートを決めてた。長澤和輝(千葉)とのコンビは抜群でしたな。

・神戸 6-3 新潟
柏の前監督と前々監督の対決。2-0になった時にはありゃりゃと思って真剣に見ていなかったんだが前半最後のプレーで新潟か得点して2-1。そして後半、ラファエル・シルバが立て続けに得点して試合をひっくり返した時にはこれは新潟のゲームかと思ったが、そこから神戸が怒涛の4得点。うち2点が相馬でマッチデーハイライトでもインタビューに出てきたんだが、スタジオの鈴木啓太とつながった時に「あっ、啓太」とか言ってたのが良かったな。吉田達磨監督としては、これだけ守備が崩壊するとちょっとまずいわな。だけどレオシルバはやっぱ凄いわ。
あとこれは第1節の新潟ー湘南の話になってしまうけど、先週、サッカーキングに掲載されたチョウ・キジェと吉田達磨の記事はなかなか良かった。河童先生好みデス。

・甲府 0-1 G大阪
下田北斗がいなくなった甲府にはとくに思い入れもないけど、それでもなんだか気になるんだな、このチーム。河童先生は仙台、新潟、甲府といったチームがJ1で頑張っているのはとても好ましいと思っている(鳥栖もそうか)。結果はガンバが順当勝ちだけど、甲府はそんなに悲観することはないんじゃないかな。佐久間監督の試合後のインタビューを昨日も見たが、言っていることがいたって真っ当なだよね。あのスーツはどうかと思うけど(^_^;)。

キャプチャ

 

 

 

 

 

・浦和 1-2 磐田
レッズ、ホーム開幕戦に負けてしもた、、、まあ磐田も良かったけどな。前回、名波の監督としての資質はまだ「?」みたいなことを書いたけど、まあラモスのようなことはなさそうだな(ってそれじゃああんまり失礼か)。レッズはせっかく同点に追いついたけど1点目の失点の形が悪かったな。で、磐田はベンチにジェイを入れて、後半から出てきて仕事をされてしまったわけだが、ケガをしてたらしいのでなんとなく昨年よりも体型も重め残りという感じで、決して動きは鋭くないんだが、その分、重戦車みたいな感じだったな。結果、槙野がゴール前で負けてしまったが、ありゃ完敗だった。
マッチデーハイライトではご機嫌な名波が出てきて福田がちゃらいインタビューをしていたんだが(山口素弘が「あれは茶々を入れてるだけ」と言ってたな)、名波が「ホワイトボードにリスタートと書いた」と言ったので福田が「つづりは間違えなかったですか?」と突っ込んだら「いや、カタカナで、「リ、テン、スタートと~」と言ったんだが「テン」はいらないんじゃね(^_^;)?

・名古屋 1-1 広島
開幕前、名古屋は不安要素がいっぱいだったと思うのだが(とくに監督について)、クソ高い外人とクソ速い日本人の「クソ度」がそれを補って余りあるという感じだな。なにしろそのクソぶりが絶対的で、こればっかりは戦術ではなかなか対向できないもんな。大谷翔平がクソ速い球を投げたら、戦術以前にバットに当たらんのと一緒だろ。で、まあ広島も「佐藤寿人サンの記念すべきゴールw」で同点に追いついたのはさすがだが、出足でつまずいた感は否めないな。

・仙台 1-2 東京
このスタジアムはいつ見てもいい雰囲気だねえ。ここもぜひ一度行ってみたい。ホーム開幕戦を負けたのは残念だが、大丈夫ですよ、このチームは。古い話になるが2004年にジェフが新潟で試合をした後の会見で当時のオシム監督はこんなことを言っていた。「最後に、アルビレックスのこれからを祈っている。これからリーグ戦のホームゲームで勝てるように。結果はそうなりませんでしたが、今日はほとんどアルビレックスが勝ってました。そして、このスタジアムが、このスタジアムを満員にする観客がそれをかなえるはず」。